カラスが鳴くから帰ろ

地方都市からのまったり通信

『Dilmah(ディルマ)、これが紅茶なんだ』

 ほぼ毎日、愛飲している紅茶ブランド『Dilmah(ディルマ)』

昔から紅茶が好きで、日東紅茶に始まりトワイニングやリプトン、物産展などで売られている国産紅茶、デパートで売られている高級紅茶など、色々飲んで来たが、ディルマの紅茶はとにかく風味が豊かで、口に含んだ後の、鼻に抜ける香りと深い味わいが特徴だ。

他のブランド紅茶もそれぞれ特色があり美味しいのだが、ディルマ紅茶の風味の良さは抜きん出ている。一般的なブランドの紅茶と違いスーパーなどでは見かけないが、ホテルやレストランなどでも採用されており、質の高さが伺える。

 

日本での取扱いは、愛知県豊橋市に本社を置く「ワルツ株式会社」で、実店舗の他、ネット店舗「おうちカフェ」でも購入が可能だ。

www.e-ouchicafe.com

定番のアールグレイイングリッシュブレックファーストの他、様々なフレーバーティーもあり、リーフティーから通常のティーバッグ、テトラバッグなど、一年通して楽しめるラインナップとなっている。価格も高級ブランドほどではなく、贈答品やお客様が来られた時などはもちろんの事、普段使いでも気兼ねなく味わう事が出来る。

 他の産地の茶葉はブレンドせず、スリランカ(セイロン)産のみにこだわった良質な紅茶『Dilmah(ディルマ)』。

私はディルマの人間でも、「ワルツ」さんの社員でもないが、どこの紅茶が良いかと聞かれたら、間違いなく推せるブランドである。

www.dilmah.jp