カラスが鳴くから帰ろ

地方都市からのまったり通信

松川町のりんご

 毎年この時期になるとリンゴ狩りに向かう。場所は長野県下伊那郡松川町だ。

 この町はアルプスに囲まれた小さな町だが、洋ナシやリンゴなどの果樹栽培が盛んで、リンゴ狩りシーズンともなれば、家族連れやバスツアーで多くの人がこの町を訪れる。 

f:id:Tecchi:20181121214959j:plain

毎年感じるのだが、都会(言うほど大都会ではないが…)から高速道路を経由して、果樹園の駐車場に降り立ったときの清々しさというか、空気のキレイ感、山々に囲まれた壮大な景色はいつ見てもすばらしい。りんごを取るのは家族に任せて、ついつい深呼吸をしたり、ぼーっと景色を眺めたりしてしまう。

もちろんリンゴの味は折り紙付きで、気候や果樹園の皆さんのご努力もあって、蜜がたっぷり入ったジューシーなリンゴが楽しめる。

昨年は雪の影響で生育量が少なく、収量が制限されていたが、今年も台風などの天候不順により、数は若干少なめのとのこと。

  

リンゴ狩りの後は、地元の温泉施設で一風呂浴びて、併設のお食事処で、これまた美味しい蕎麦をいただくというのが、我が家の鉄板ルートとなっている。

【南信州】松川町観光サイト

家庭でのデザートはもちろん、知人へのおすそわけでも大変喜ばれる松川のリンゴ。

今年も、おいしい空気とリンゴの香りに包まれて、小さな都会への帰路についた。